埋没包茎の手術治療では「長茎手術」が一般的

年齢を重ねるとともに男性器の悩みを訴える方が多くなるそうです。
その中でも多いのが埋没包茎です。

埋没包茎とは、陰茎が埋もれてしまって見えなくなる状態をいいます。
若い頃はそんな悩みがなかったのに、どうして埋没してしまったのかと不思議に思われるかもしれませんね。

男性は年を重ねるとともに下腹部に贅肉がつきやすくなってしまいます。
太り過ぎで下腹部にどんどん贅肉が付くことでメタボリックシンドロームとして様々な健康被害の原因となるといわれていますが、埋没包茎という弊害ももたらす恐れがあるのです。
埋没包茎となることで排尿がしにくいこともあることから早急な治療を要することもあります。

単純に下腹部の贅肉を減らすように運動したり食事制限をするという方法もありますが、地道な努力が必要となりすぐに結果がでるものではありません。
そこで埋没包茎の治療法としてとられるのが長茎手術です。

長茎手術とは、もともと体内に埋もれている陰茎を引き出すことで改善させる方法です。
この手術により個人差があるものの2センチから8センチは長くすることが可能だそうです。
この他にも下腹部の脂肪を吸引して陰茎の長さが元通りになるようにすることもできます。

埋没包茎に関しては患者さんの状態に合わせた治療方法が行われますので、信頼のおけるクリニックと医師を見つけて安心して治療に望めるようにしたいものです。
もし心配なことがありましたら事前に相談しておくといいでしょう。→abcクリニックはこちら